【コープデリ】植物由来のお肉で作る3種の酢を使った酢豚を実食レポ

当ページのリンクには広告が含まれています。
【コープデリ】植物由来のお肉で作る3種の酢を使った酢豚を実食レポ

今回はコープデリの植物由来のお肉で作る3種の酢を使った酢豚を実食してレポートしています。

子供も大人もみんな大好き「酢豚」。

甘酸っぱいお酢の香りが食欲をそそりご飯も何杯でも食べられそうに感じます。

でも今回はひと味違って植物由来のお肉です。

どれだけお肉を感じることが出来るのか早速レビューしてみたいと思います。

 

目次

【コープデリ】植物由来のお肉で作る3種の酢を使った酢豚の寸評

植物由来のお肉で作る3種の酢を使った酢豚02

今回実食したのは「植物由来のお肉で作る3種の酢を使った酢豚」です。

植物由来のお肉は初めて食べるので味や食感などリアルなレポートをお届けできると思います。

総合評価
4
3
ボリューム
4
調理方法
5
値段
898円(税・配達料・手数料別)
5

全体としては悪くないのですがやはり食べ慣れないこともあり少し違和感を感じました。

お肉を食べる時はどうしても油分や旨味をイメージしてしまいます。

でも植物由来のお肉はやはりあっさりとした感じです。

ですので「こういうもの」と思って食べた方がお肉として挑むより良いのかもしれません。

 

なぜ植物由来のお肉が必要なのか

豊かな日本の生活では植物由来のお肉の必要性を実感できないかもしれません。

でも世界では人口増加や地球温暖化で深刻な食糧不足を囁かれています。

また畜産が二酸化炭素を大量に出すという問題は地球温暖化の原因の1つです。

食糧難や環境問題への対策は世界にとって近々の課題というわけです。

代替肉はこれらの問題を解決する有力な方法として期待されています。

 

植物由来のお肉で作る3種の酢を使った酢豚を調理

植物由来のお肉で作る3種の酢を使った酢豚の材料

それでは調理や実食した時の様子を写真と一緒にレポートしていきたいと思います。

 

ミールキットの内容

植物由来のお肉で作る3種の酢を使った酢豚の製品情報

商品の概要 豚肉の代わりに大豆とこんにゃくで作った植物由来のお肉を使った酢豚。3種の酢の香りとお肉の歯応えのある食感を楽しめる食べ応えのある1品です。
キット内容 ・レシピ
・植物由来のお肉
・玉ねぎ
・人参
・ピーマン
追加食材(自分で用意するもの) ・油(大さじ1)
栄養表示(1パック2人前) 488Kcal
タンパク質 8.4g
脂質 12.2g
炭水化物 95.6g
食塩相当量 5.3g
必要な調理器具 フライパン(もしくは鍋)
ボウル
菜箸
調理目安時間 10分(2人前)

封を開けると玉ねぎと植物由来のお肉が結構入っているのでボリュームはありそうです。

植物由来のお肉の見た目は完全に普通で言われないと区別がつかないと思います。

 

調理の様子

植物由来のお肉で作る3種の酢を使った酢豚の作り方

初めての試みで代替肉が美味しいのか心配でしたが見た目は普通なので少しホッとしています。

 

①下ごしらえ

植物由来のお肉で作る3種の酢を使った酢豚の調理

タレは流水で解凍するのですが私は節約のためにボウルに張った水で解凍しました。

 

植物由来のお肉で作る3種の酢を使った酢豚の調理02

植物由来のお肉は耐熱皿に並べてラップをかけ、レンジで解凍します。(500W約2分)

解凍したときにお肉っぽい匂いがしないのでなんだか不思議な感じです。

 

②植物由来のお肉を炒める

植物由来のお肉で作る3種の酢を使った酢豚の調理03

油をひいたフライパンで植物由来のお肉を炒めます。

中火で約4分程度炒めると表面がカリカリになるので一度お皿に取り出します。

 

③野菜を炒める

植物由来のお肉で作る3種の酢を使った酢豚の調理04

同じフライパンで野菜(玉ねぎ・人参・ピーマン)を炒めていきます。(中火で約3分〜3分30秒)

 

④たれを絡める

植物由来のお肉で作る3種の酢を使った酢豚の調理05

野菜に火が通ったら植物由来のお肉をフライパンに戻しタレを加えて絡めます。

 

⑤お皿に盛り付けて完成

植物由来のお肉で作る3種の酢を使った酢豚

タレがしっかりと絡んだらお皿に盛り付けて完成です。

玉ねぎがくたってしまったせいか少し色味の鮮やかさに欠けてしまいました。

 

植物由来のお肉で作る3種の酢を使った酢豚を食べてみた感想

調理中は脂の香りがしないもののタレを絡めると酢豚のいい香りがしてきます。

食事は味だけでなく香りも重要な要素なのだとあらためて実感した次第です。

 

味について

3

 

普通の豚肉を想像するとやはり違いを感じます。

食感はとても良く味も問題ないのですが味の深みや脂質感は別物です。

豚肉として食べるとその違いに注目してしまうので「こういうもの」として食べる方が受け入れやすいかもしれません。

酢豚のタレはとっても美味しかったので足りないのは豚肉の脂っぽさのみです。

 

ボリュームについて

4

 

ボリュームは大人二人でちょうど良い量に感じます。

でも前に食べたコープデリの酢豚の方が気持ち多かった気がします。

味の深みがそう感じさせている可能性もありそうです。

 

調理方法・時間について

5

 

冷凍の食材を使っているのに調理時間はたったの10分。

レンジ解凍はお肉だけなので冷蔵のミールキット同じような感覚で作ることができました。

気になったのは植物由来のお肉が焦げ付きやすく感じた点くらいです。

 

値段について

5

普通に2人前でいけるボリュームなので898円なら許容範囲。

あっさりしているせいかボリュームほどの食べ応えはないですがコスパ的には妥当に感じます。

ひと味違うお肉ですが慣れれば美味しく食べられると思いますので価格も星5の評価です。

 

実食した感想まとめ

総合評価
4
3
ボリューム
4
調理方法
5
値段
898円(税・配達料・手数料別)
5

今回は食べ慣れないので評価も難しいのですが総評としては星4つとしました。

でも前に食べたことのある「豚唐揚げたっぷり!3種の酢を使った酢豚」と比べると少し物足りない気もします。

どちらか選べと言われると正直普通の酢豚です。

少し視点を変えてSDGsの一環と考えれば満足感も増すかもしれません。

 

まとめ

植物由来のお肉で作る3種の酢を使った酢豚02

今回はコープデリの「植物由来のお肉で作る3種の酢を使った酢豚」の実食レポートをしています。

環境や食糧難などをテーマに掲げる代替肉のメニューは斬新です。

感想は食べ慣れないこともありすごく美味しいとはいかなかったのが本音。

でも地球にありがとうという気持ちで食べるとなんだか気持ちが満たされます。

興味本位でもいいので皆さんも一度試して欲しいなと思った一品でした。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次